にきびの予防は食生活の見直しをから

Web Template

にきびができる原因のひとつに「栄養の偏り」が挙げられます。


スキンケア化粧品にばかり頼っていては、繰り返すにきびが改善されない場合がよくあります。
体の内側からのケアを重視することも大切であり、積極的に栄養の見直しを行うことで、やがて美肌に近づくことも可能です。



ファストフードやコンビニ弁当、カップ麺が多い食生活では、炭水化物や脂質、糖質が多くなります。



野菜の摂取量が極端に少ないので、食物繊維やビタミン・ミネラルが足りていないことがしばしばあります。にきびの予防に必要な栄養素は、ビタミン類や食物繊維といった栄養素なので、それらを含む食材を使ったメニューに切り替えてみましょう。



もし、時間や食費にゆとりがない場合は、にきびの予防に効果的なサプリメントを利用するのも良いです。

植物由来や、その他の画期的な有効成分を配合している製品もありますが、やはり基本的にはビタミン類の摂取が望ましいです。なぜなら、ビタミンB2は皮脂の分泌に大きく関わっており、皮脂の分泌量を適度に調節する作用があるので、にきびのできにくい肌環境に持っていくことができます。


さらに、ビタミンB6は肌のターンオーバーを正常化し、毛穴のつまりを改善する作用があります。
その他にも、ビタミンAやビタミンCも合わせて摂りたい栄養素であり、いずれの栄養素もバランス良く摂ることが最も大切なことです。予防は毎日の積み重ねとなりますので、少しずつでも食生活の改善を行いましょう。